住宅資金の前にライフプランを

住宅取得を考える前に

住宅取得は高価な買い物です。

でも、その前あなたのライフプランを考えてください。

子供の学費、車の購入買い替え、冠婚葬祭などなどetc.

大体どの時期にどの支出があるかを考えて住宅取得計画を考えてみてください。

その上での「ライフプラン」は重要になります。

 

ライフプランがなぜ必要?

ライフプランは住宅購入にとって「やり直しのきかない一生一代の買い物」です。

もし自分の収入や貯金額に見合わない家を買ったら?

・住宅ローンの負担に悩まされる

  ↳生活にも支障がおきる

  ↳最悪の場合家を売却するかも

資金計画には住宅ローンの支払いも含まれます。

 

しかし、それ以上に住宅以外の支出の見通しをつけることも重要です。

住宅ローン支払続ける間にも子供の教育費、親の介護費用、保険料、年金、税金etc.

これらを含めた資金計画が必要です。

その他の支出を含めて住宅ローンの支払いができるか検討してみてください。

 

 

ライフプランで大切なのが資金

「住宅資金」「教育資金」「老後資金」の人生3大資金です。

 

「住宅資金」→住宅ローンの完済時期や支払計画を検討

       購入前に頭金を貯めれるか収入と照らして考える。

「教育資金」→子供の人数ごとの進学方針とその費用

       学習塾などの費用負担も想定

       高校、大学でも私立か公立で費用が大きく変わってきます。

「老後資金」→退職金や年金がどのくらい支給されるか見積も

       ただし、転職したら金額が減る、あるいはもらえない可能性もあります。

 

 

ライフプランの見える化で認識共有を

ライフプランは家族全員で共有がベストです。

少なくとも夫婦2人は資金計画についての認識共有をしておくとベストです。

せっかくライフプランを立てても自分の頭の中だけなら意味がありません。

認識共有のために「見える化」がオススメです。

 

子供がいる場合は、成長して家を出るまでの年表を作成して必要なお金の概算額を出すとわかりやすくなります。

 

認識共有しておけば、どのような資金をどのように貯めていくか夫婦で話しやすくなります。

住宅購入資金についても、夫婦でどのくらい仕事を頑張る必要があるのか、買い物を我慢する必要があるなど冷静に話しできる状況を整えられますよ。

 

 

 

資金①
ホーム