7割の人が・・・

2020年07月01日

空き家所有者の皆さんへ

空き家の実態を先ず勉強してください!

①  空き家となっている住宅の状況

②  空き家の日頃の管理

③  空き家となっている住宅の種類

④  空き家となっている住宅の築年数

⑤  空き家となっている期間

⑥  空き家となった理由

⑦  空き家の管理内容

⑧  空き家の管理費用

⑨  空き家の種類と数(現状)

⑩  空き家の種類と数(将来見込)

 

上記10項目を踏まえた、「空き家問題」の最大のリスクは

「とくに何もしていない」が7割を超えることです。

『空き家』問題

戸建てマイホーム空き家の割合は、現在11軒中1軒ですが、近い将来3軒中1軒になる見込みです。

 

空き家問題は、すでに空き家を所有している人、将来親の家を相続するなどこれから空き家を所有する人、そして空き家の隣に住む人の問題です。

3軒中1軒の空き家状態は、空き家の隣に住み人の問題は、日本国内に暮らす皆さんの問題と言えます。

そこでお願いしたいのは、空き家の活用を今考えることです。

 

ここでもう一つ勉強です。

⑪  空き家にしておく理由

・物置として必要だから                44.9%

・解体費用をかけたくないから            39.9%

・とくに困っていないから                37.7%

・将来、自分や家族が使うかもしれないから    36.4%

・好きなときに利用や処分ができなくなるから    33.0%

・仏壇など捨てられないものがあるから        32.8%

・更地にしても使い道がないから           31.9%

・取り壊すと固定資産税が高くなるから       25.8%

 

この結果を見ると、家レベルの「物置」が必要な人がどれだけいるでしょうか?

解体費用は遅かれ早かれかかります。

大多数の方は、空き家の活用を考えるのが面倒、それが本音ではないでしょうか。

要するにそうやって空き家を放置しておくことで、

問題を先送りしているにすぎないのです。

 

⑫  空き家をそのまま放置していると起きる問題

・庭木の落ち葉や枝がご近所迷惑に、ゴミの不法投棄されることもあり、地域の景観を乱す。

・火事や犯罪の温床になり、治安悪化をもたらす。

 

 

空き家にしておく理由についてよく耳にするのが

「建物を解体すると税金が高くなるから」 私も今朝までそう思い込んでいました。

今朝、本当にそうなのかと疑問に思い計算してみました。

 

例えば、時価坪10万円、50坪、固定資産税評価額時価掛け率70%、建物については老朽化により固定資産税評価0円と仮定した場合

建物がある場合の土地の固定資産税・都市計画税

   固定資産税

  1坪10万円×50坪×70%(時価評価に対する掛け率)×1.4%×1/6(軽減率)

    =8,167円

 都市計画税

1坪10万円×50坪×70%(時価評価に対する掛け率)×0.3%×1/3(軽減率)

    =3,500円

   税金合計

    8,167円+3,500円=11,667円

建物がない場合の土地の固定資産税・都市計画税

固定資産税

  1坪10万円×50坪×70%(時価評価に対する掛け率)×1.4%=49,000円

  都市計画税

1坪10万円×50坪×70%(時価評価に対する掛け率)×0.3%=10,500円

   税金合計

    49,000円+10,500円=59,500円

建物がある場合とない場合の税金の差額は

    59,500円-11,667円=47,833円≒48,000円

 

計算はまだ続きます。

 建物がある場合、掃除や管理のために電気や水道や火災保険が必要です。

 電気基本料金と水道基本料金の全国平均で年間43,000円 、火災保険料47,000円

 これに専門業者の空き家管理の巡回サービス(空き家管理代行サービス)を利用すると、料金は月1回で5,000円~10,000円かかります。

これらをあわせると年間で150,000円から210,000円かかります。

そうすると私の結論では、

これらの費用を含めると建物を解体した方が100,000円から160,000円は安くなります。

 150,000円から210,000円-48,000円=102,000円~162,000円

 

あなたの計算はどうですか?

あなたの空き家は何年続く予定ですか?

 

ここでもう一つ私の考えをお話しします。

将来、空き家を住宅用地として売却する場合

お客様が新築用の土地を探す時

建物が解体されて綺麗に整地された土地と、長時間経過して家財がゴミ化したボロ家

どちらを選びますか? 私なら少し高くても、綺麗に整地された土地を選びます。

 

空き家の情報、参考になりましたか?締めくくりにもう一つ

⑬  空き家と空き家の中にある家財の新品価格について

・所有する空き家を、今から土地を買って新築すると約3000万円はかかるでしょう。

・家の中にある家財は約2000万円はあるでしょう。

参考:4人家族・世帯主50歳の全国平均の家財所有金額は1730万円です。

   ・合計すると約5000万円の新品価格になるでしょう。

 

空き家所有の皆さん

大切な価値ある空き家を生かすか殺すかはあなた次第です。

空き家の時間が長くなればなるほど価値は減少します。

不動産(財産)を負動産に